マナドロングステイについて

マナドロングステイは北スラウェシ地方にてロングステイプ    ログラムを行っています。北スラウェシには、マナド、ミナハサ、コタモバグのエリアが存在します。マナド市は日本においての大部分ではまだあまり知られていませんですが、

日本ではダイバーにはブナケン島の海洋公園のその美しさで有名です。 300万人のスラウェシ人口のうち約50万人が住むマナドの街は北スラウェシで最も安全な地域の一つです。長年の間、インドネシアは日本よりのロングステイ先としての上位5カ国にあった事は無く。 又これまでのところ、多くの日本人はインドネシアについてはバリ島のみが知られている為、そこをお勧めする情報やツアー会社は非常に多いのですが、有名な観光地であるがゆえに長期滞在先としてのかかる費用はそれほど安くはありません。 インドネシアにおいてのロングステイ先としてマナド市をお勧めするのはそれが理由でもあります。月100,000円で心地の良い生活を送ることができます。

インドネシアの人々は非常に日本に友好的であり、ミナハサとマナドでは特に密接に日本とは感情的なつながりを持っています。 太平洋戦争戦時以来、混血が進み、多くの日系ミナハサの人々がとして現在も日本の大洗に住んでいます。又、マナドには日本軍のいくつかの歴史的遺物があります。

北スラウェシはインドネシアのスラウェシ島にあり州東はマナド市です。ジャカルタから3時間、バリから2時間半、シンガポールからはシルクエアーの直行便で3時間です。

この州はインドネシアで安全な場所の一つです、人々はまた外国人に非常に友好的です。人々の日常会話はマナド方言、インドネシア語いくらか人々は英語を理解でき、また、多くの学生が学校や大学日本語を勉強しています。日本の文化や食べ物、映画もマナドでは非常に良く知られています。

マナド市

北スラウェシの季節は2つに分かれ、乾季は3月から10月 雨季は11月より2月までです。 市街地での気温は25から32高地側では20~28程度で、季節にはあまり関係ありません。 

 スラウェシの人口の58パーセントがクリスチャンです。使用言語はマナド地方言語、インドネシア標準語、また幾らかの人々は英語も話せます。州都はマナド市です。

 この地方は歴史的にも大戦中より日本との関わりが強く、多くの日本軍の痕跡が残ります。戦中戦後でも現地に残って居住を続けた日本人も多く、一見して日系人とわかる人々も住んでいます。 

なせ北スラウェシをおすすめするか?
ロングステイの場所としてマナド地域をおすすめする理由        

① 北スラウェシ(マナド市)地域がで最も安全な地域の一つであること。

 ② マナドにはインドネシアの他の主要都市と比較して日本人のコミュニティがあり、仕事とステイの両方をしている人たちもいます。

 ③ 安価な生活コスト

ジャカルタ ¥150000¥200000/月

バリ    ¥140000¥160000/月

マナド   ¥80000¥100000/月      

 ④アクセスは国際線と国内線で可能

– 国際線:週4回 日本→シンガポール→マナドシルクエアー

より直接シンガポールからマナドへ3時間10

– 国内線:ガルーダインドネシア航空、ライオンエアがジャカルタからマナドへ毎日運航(3時間)ライオンエアでデンパサールからマナドへ毎日フライト(2時間15分)

⑤生活の為の設備や施設などが充実している

貸家、アパート、コンド、ホテル、プライベートバンガロー、コテージ

ショッピングセンター、レストランやゴルフ、テニス、ジム、プールと温泉などの

レクリエーション施設

国際レベルの病院と医療施設。

⑥多くの観光が可能

ブナケン島でダイビング/スノーケリング

ボートにてフィッシング

ミナハサでマウンテントレッキング

北スラウェシの典型的な動物やメガネザルを見にタンココ国立公園を訪問。

– Tondanoの天然温泉、ラフティング

日本の洞窟の遺跡を訪問

ゴルフ場

Back To Top